THE GATE

アクセスカウンタ

zoom RSS DC]CV

<<   作成日時 : 2017/06/08 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本にいると忘れることだが、治安がいい。

いつだったか、メキシコから来た人に治安の良いところが気に入っていると言われた。
そういえばかなりあそこは治安が悪くなっているのだろうと思い出す。
実際のところどうなのかと聞いてみると
「北部は確かに危険な地域だが、南にいくとそうでもない」
などと答えられた。
北部ほど危険ではないことが日本と同程度の安全を約束はしないのだろうが、生まれ故郷を悪くいいたくもないだろう。

とある友人の一人は現在アメリカで働いているが、故郷はコンゴ。
彼はその昔ザイールと呼ばれた頃にその地を離れ、アメリカに渡った。

今回の旅行の際に会うことができたので、聞いたこともないことを聞いてみた。
彼がアメリカで暮らすうちにザイールがコンゴに変わったことをどう思うのか。
「複雑な気持ちだ」と彼は答えた。

ザイールは軍事政権下で付けられた国名だったという。
だから国の事情としては昔を良く思うわけでもない。
それでも自分の国の名前が変わってしまったことに少しばかり寂しい思いもあるのだろう。

そんな話を続けるうち、家族を連れてコンゴに行く際、入国手続きのために賄賂を求められる場合もあると言った。
払わなければ何時間も難癖をつけて留められるとか。
「貧困が問題だ」と溜息をつく。
人々に十分に給与が支払われていない。
コンゴとはそれほど貧乏な国だったろうか。

「資源はある、だが中国人が勝手に持って行ってしまう」
そんなバカなと思ったが、要は中国国内の事情と同じことが起きている。
コンゴのとある役所、とある地主あたりにだけ富が入り、賄賂で開通されたルートで国民の資本となるべき資源が中国へどんどん流れてゆく。
全てがそうという訳ではないが、その数が多いほどコンゴは貧しくなる。

中国は疑いようもなく悪い。
しかしそれだけじゃないだろう、結局は腐敗が悪い。

こういうのを聞く度、日本はまともな国なんだなと思う。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DC]CV THE GATE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる